HOME > 気をつけて!スマートフォンの使い方(発生メカニズム)
◆ なぜ飲料水等の付着で充電コネクタが発熱・発煙するの?


充電コネクタに飲料水や汗などの異物が付着すると、この異物によって内部ショートが発生し、充電コネクタの発熱・発煙が起こります。



◆ なぜ充電コネクタが破損すると発熱・発煙するの?


充電コネクタにストレスがかかると、充電コネクタの金属部分が曲がってしまい、内部の端子ピンとショートする場合があります。
この内部ショートによって、スパークが発生したり、ショート部分の発熱・発煙が起こります。



◆ なぜスマートフォンが発熱するの?




スマートフォンは高性能化・小型化しており、ゲームや動画再生などの複数のアプリや機能の動作により内部部品の温度が上昇します。
内部部品が発熱してもスマートフォン本体表面から放熱するため、触れている面が温かく感じる場合がありますが、やけど等に至る可能性の無い温度となるよう設計されております。
ただし、高温環境下や本体表面を布等で覆うなど、表面の放熱を妨げて熱がこもると、本体温度が通常よりも高温となってしまう場合があります。



◆ なぜ電池が発煙・発火するの?


スマートフォンの電池(リチウムイオン電池)の内部は、+極と−極をセパレータ(絶縁膜)で隔離している構造となっています。
外部からの強い圧迫や衝撃によってセパレータが破損すると、内部ショートが発生し、電池の発煙・発火に至る場合があります。


<この件に関する問い合わせ先>
MCPC事務局
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-12 長谷川グリーンビル2階
TEL.03-5401-1935 FAX.03-5401-1937 E-mail:
office@mcpc-jp.org

▲PAGE TOP