HOME > 成功したモバイル活用事例 > 成功したモバイル活用事例2017

成功したモバイル活用事例 2017
新ビジネスが続々登場!
存在感を見せるIoT/M2M

「MCPC 成功したモバイル活用事例 2017(MCPC award 2016 受賞企業事例)」の内容

「MCPC award 2016」は、<ユーザー部門>と<プロバイダー部門>の応募の中から、二段階による審査会を経て各賞の選定を行いました。なお、<プロバイダー部門>においてベンチャー企業および海外企業からの応募が増えたため、今年は「中小企業特別賞」と「海外企業特別賞」を設けました。応募案件の特徴として、次のの二つが挙げられます。

(1) 地域課題の解決や新分野での活用
グランプリを受賞した福井大学医学部救急医学の事例のような、モバイルを活用して救急患者の広域搬送の課題を乗り越え先端医療の可能性を追求する取り組み、また工場のラインにおける実用化、通訳サービスといった、これまでになかった領域に踏み込んだ活用が進んでいます。
医療機関、金融機関、自治体や海外企業など、応募者も多様化しています。

(2)進む! IoTの実用化
MCPCがかねてから力を入れてきたIoT/M2M分野では、ビジネス化に至った事例が目立ってきました。審査委員長特別賞を受賞したダイキンHVACソリューション東京は、空調システムの付加価値化を実現しました。また、高齢者の見守りサービスも増加しています。
さらに、「MCPC award 2015」でグランプリを受賞したJR東日本は、今年度さらに一歩前進し、新型通勤電車において次世代列車情報管理装置を開発。より多くの車両情報を取得可能としています。
プロバイダー部門においては、ソラコムのIoTプラットフォームに代表される、IoTをより効率的に、安価に実現するためのさらなる技術進化が見られています。

 以上のように、応募いただいた業種・内容も多岐にわたり、IoT/モバイルが世の中、生活の中に浸透していることがうかがえます。

[記載内容](事例ダウンロード)

<この件に関する問い合わせ先>
MCPC事務局
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-12 長谷川グリーンビル2階
TEL.03-5401-1935 FAX.03-5401-1937 E-mail: office@mcpc-jp.org

▲PAGE TOP